杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月の飾り物

今年は、昨年に引き続きまたまた暑い8月
気分だけでも涼しくと、我が家のお部屋の夏模様です。

DSC08206_convert_20120910223844.jpg
東京にいた頃に求めた籠細工に、母が京都で見付けてくれた緑の葉っぱがピッタリ。
作り物でも緑があると、お部屋に清涼感が出ます

永楽屋の手拭いも、涼しげな物を幾つか見繕って、8月はこの2枚を楽しみました。
DSC08198_convert_20120830233731.jpg DSC08222_convert_20120910224825.jpg

京都よりも東京よりもずっと涼しいと思って越してきた仙台。
仙台で迎える夏は3度目ですが、いずれも期待を裏切られれる暑さ
早く涼しくならないかなぁ。


CYBELE

焼き菓子も大好きな私。仙台に来て初めて出会ったのが、CYBELE (シベール)のラスクです。東京の店舗にも出店されているようなのですが、なかなか出会う機会がなかったみたい。

シベールのラスクは、種類が豊富で、しかも、ラスクの元となるフランスパンの生地自体に素材が組み込まれていているので口の中にその素材の香りが広がり、ラスク表面にも沢山お砂糖が使われていて端っこまで甘さを楽しめるので、私の好きなラスクの一つです。

シベールがラスク以外にも色々焼き菓子を出していることを知り、早速お試しセットをお取り寄せ
DSC08192_convert_20120830233257.jpg

インターネットで申し込んだところ、初回限定でラスクのセット付
DSC08194_convert_20120830233458.jpg

ラスク以外の焼き菓子もどんなお味か、楽しみにいただきます


梅シロップ

今年は、いつもやってみようと思いつつ機を逃していた梅仕事に手を伸ばしてみました。
その一つが、梅シロップ作り。

レシピをネットで検索してみると、作り方は色々あるようなのですが、手始めに、青梅を冷凍庫で凍らせてから、砂糖漬けにする方法を採ってみました。漬けている間は、冷暗所に保管とあるのですが、夏場のマンション室内で涼しさを継続的に確保できるところはなかなか思い当たらず、梅が発酵してしまっても悲しいので…、漬け始めの2日程(梅が完全に溶けるまで)はお部屋の中で、その後は安全を期して冷蔵庫で保管してみました。

冷凍青梅の砂糖漬け2日目
DSC08189_convert_20120829224648.jpg
砂糖が溶け始めて、梅のエキスが出始めました。
漬け込む砂糖の種類もレシピの主により様々なのですが、今回は氷砂糖を使ってみました。溶けずらいかなとは思ったのですが、実家で母が梅酒を作る際にはいつも氷砂糖を使っていたので、それに倣って

砂糖漬け約5週間後
DSC08180_convert_20120829224808.jpg
レシピによって、シロップ完成に要する期間も様々だったのですが、目安としては、総じて、梅がシワシワになる程度と読めるので、じっくり5週間程待ってみました。
梅500g+氷砂糖500gから出来上がったシロップはこれくらい。梅の爽やかな香のするシロップができました。シロップにエキスを出し切った梅は、ほんとにシワシワに。この梅も色々活用方法はあったのですが、今回は種を除いて、梅ジャムにしてみました。梅ジャムのお話はまた次回に

この梅シロップ、炭酸水で割って飲むと、スッキリ爽やかでとっても美味しい夏の暑さを忘れさせてくれるステキなジュースになります。勿論お水で割っても、あっさりと美味。牛乳で割ってみたり、ゼリーにしてみたりと色々楽しめるようです。

意外に簡単に、かつ、美味しくできた梅シロップ。来年も更なる美味しさを求めて、挑戦しますよ


自家製冬瓜

逸品桃ゼリーに引き続き、今日は、相棒のお友達からも自家栽培の立派なお野菜をいただきました。

冬瓜
DSC08187_convert_20120829224940.jpg
携帯電話との比較で、この大きさが伝わるかしら
これでも、元の大きさの半分一体、全長何センチあったのかしら
京都の実家では、夏のおばんざいとして冬瓜をよく食べます。以前にもご紹介しましたが、冬瓜を鶏肉と一緒にお出汁で炊いてすりおろし生姜を添えた“冬瓜の炊いたん”は、アツアツでも冷蔵庫で冷やしても美味しく、私の夏の好物の一つです。これでまた、暫く冬瓜が楽しめそう

立派な玉ねぎとニンニク
DSC08195_convert_20120830233612.jpg
小さい頃、滋賀県の祖父の実家から玉ねぎをお裾分けいただく時に、いつもこんな風に茎付きで束ねられた玉ねぎがやってきて、日陰に掛けられた竿等につるして保管されているの見ていたので、玉ねぎのこんな風情には懐かしさを感じました。

一方、ニンニクがこんな風に束ねられているのは初めて自家栽培の立派なニンニクをこんなに沢山いただけるのは、何とも贅沢です。ニンニクは、私にとって色んなお料理の脇役に欠かせない調味料なのですが、これだけあると思う存分使えます

季節に応じた新鮮な自家栽培のお野菜をいつもわざわざお届けいただいて、ほんとに有難いです。
心を込めて調理するので、また遊びにいらして下さいね~


DeliciusのPESCA

会社の同期のお友達が、大阪出張から東京に戻らず、仙台まで飛び、わざわざ日帰りで会いに来てくれました。夜に仙台で用事があったとはいうものの、とっても忙しい彼女、仙台への往復時間と私とのゆっくりお喋りタイムを捻出してくれたことがとても嬉しい

そういえば、私の結婚披露宴の時にも、彼女はモナコに留学中だったのだけれど、わざわざ帰国してお祝いに来てくれたなぁ。色々辛いことのあった社会人生活だけど、一時も同じ場所に止まることなく、ストイックに前を向いて走り続ける彼女の姿勢にいつも刺激を受けてきました。一年に一度くらいしか会えないけれど、大切なお友達の一人です。

そんな彼女からいただいたのが、大阪箕面にあるpasticceria Delicius (パスティチュリア・デリチュース)の桃ゼリー"PESCA"。
DSC08179_convert_20120829225105.jpg

和歌山の“あら川の桃”を使ったこだわりの桃ゼリー。pescaとは、イタリア語で桃を意味するのだそう。関西では品質の良さで知られる“あら川の桃”のもぎたての美味しさを大切に仕上げたこだわりゼリーだとか。

早速いただいたところ、これが逸品。ゼリー自体は甘さ控えめで、桃本来の美味しさがギュッと詰まっていて、とても美味。残暑厳しい中、体がスーっと涼しくなるお菓子です。

彼女曰く、Deliciusはこだわりのチーズケーキがこれまた絶品なのだとか。
お取り寄せリストに載せておかねば




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。