杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聘珍楼のお弁当

夕飯に、相棒が聘珍樓のお弁当を持ち帰ってくれました
以前にも一度聘珍樓のお弁当を持ち帰ってくれたことがあり、牛・豚・鳥&海鮮と様々な食材を使ったゴージャスなお弁当だったので、今回も楽しみにしていたお弁当です。


前回のメニューとは異なっていましたが、今日も色々盛り沢山。
どれもあっさりとしていながら、中華の香辛料の効いたお味で、大満足でした。

お店でいただく中華料理って、簡単にできそうな炒め物(例えば、牛肉とマイタケ・アスパラガスの炒め物)でもその独特の味付けを家庭で再現することは難しく…、いつか習ってみたいものです。でも、家庭で出せない味だからこそ、お店に行って味わう楽しみがあるのですよね。

相棒の持ち帰ってくれるお弁当はいつもそれぞれに美味しく、次回はどこのお弁当だろうと、私のささやかな楽しみです。お夕飯の準備をしなくて良いのも、大変ありがたいことです
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://nakatomotsukako.blog.fc2.com/tb.php/78-a0a7e9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。