杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒ごまパン

久し振りにパンが捏ねたくなって、夕飯の支度をしながらシンプルな黒ごまパンを焼きました
“夕飯の支度をしながら”というのが私にとってはミソで、コンロを使うのでキッチンが暖かくなり室温での発酵が簡単になるのと、お鍋から出る湯気で程良い湿度が保たれて生地の乾燥が少し防げるような気がするのです。あくまで、気がする、だけなのですが…。

DSC07854_convert_20120614193423.jpg
パン教室にも4月の頭に一度行ったきり、その後はすっかりご無沙汰してしまっていて…。さらに更に、家でパンを捏ねるだなんて何か月振りかしらと不安に思いながら、上手く発酵してくれますようにと祈りながら捏ねたところ、予想外に美味しそうに焼きあがりました。少し目を離した隙に、頭の部分が焼けすぎてしまいましたが。

ホームベーカリーのパンの焼ける香りも幸せな香りなのですが、手ごねパンの焼ける何とも甘く香ばしい香りは、これまた格別です。手で捏ねた労力へのご褒美かしら

我が家では、少量のパンを焼くときには、オーブントースターの出番です。
電気オーブンを用いて焼く場合には余熱に結構な時間がかかるので、何となくオーブンを使うこと自体に二の足を踏んでしまうのですが、少量の生地で小さいパンを焼く時には、専ら温度設定が可能なオーブントースターで焼いてしまいます。電気オーブンに比べて庫内が狭く、ものの30秒もすれば庫内が充分温まるので、生地の発酵が良い状態だぞと思った時に気軽にすぐに焼けるのが嬉しいのです。

但し、庫内が狭い分熱源も生地に近くなってしまうので、今日のように、少し目を離した隙に表面が焼けすぎてしまうので、要注意。一方で、一気に焼き上げたいおうちピザやチキン等々の普段の二人分のオーブン料理や簡単なケーキやマフィンも、私は専らこのオーブントースターに活躍いただいています。なので、朝のトーストから夜のメインディッシュやデザートまで、このオーブントースター君はフル稼働の優れもの

梅雨で鬱陶しい季節ではあるけれど、気温的にも湿度的にもパン生地の発酵には程良いシーズンかもしれないので、暫く停滞していた手ごねパンも復活しようかな。フワフワ温かい生地に触れる時間も、幸せなひと時です。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://nakatomotsukako.blog.fc2.com/tb.php/70-869b8819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。