杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パン教室

今日は今年に入って初めてのかつ久しぶりのパン教室。最後に行ったのがシュトーレンのお話をしていた12月末だったので、3ヶ月のご無沙汰となってしまいました。先生にも、「あれ、いつ振りだっけ?」とのお言葉をいただくくらい

私が通うのは、パン屋さんを営むパン職人である先生が、パン屋さんの奥でパン屋さんの本格オーブンを使って教えて下さるパン教室。生徒さんに教えながら、その傍らで先生がお店に並べるパンを整形されていたりもします。少し郊外にあるので、私は運動を兼ねて、片道自転車で25分の通学です。

今日のパンは、パン・オ・フィグ
DSC07520_convert_20120413004741.jpg
フランスパンのアレンジなのですが、久し振りのクープも美味しそうに割れてくれました
手ごねパンの工程の中では、何より整形が難しいので、思い通りの形に焼きあがってくれたり、クープがそこそこキレイに入ると、嬉しくなります。

もう一つは、グラハムセサミロール。
DSC07534_convert_20120413004257.jpg
こちらは失敗作生地の扱いが悪かったので、クープが入りませんでした。ま、味は変わりないので、食べる分には問題ないのですが…。

最近は専らホームベーカリーに依存する毎日ですが、温かくフワフワしたパン生地と過ごす時間もやはり幸せだなと思い出させてくれたパン教室でした。生きている生地を扱うパン作りは本当に奥が深いもの。これからも、細く長く学んでいきたいと思います。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://nakatomotsukako.blog.fc2.com/tb.php/27-7d0a30bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。