杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アサリ&トマト

嬉しいことに、今日は私も相棒も大収穫
私は、東京のお友達から、静岡にいらっしゃるお母様が沢山採られたというアサリを産地直送いただき、相棒は、週末に勤務している所から、田舎の採れたてのトマトをお裾分けいただいたのです

総重量4㎏はあろうかと思われる立派なアサリの大集団
DSC08146_convert_20120829230219.jpg
まだまだ元気にキューキュー泣きながら勢いよく潮を吹くアサリなんて、初めて見ました。

畑の香の残る大きなトマト
DSC08147_convert_20120829230427.jpg

こんなに素敵な食材が揃ったからには、今日の夕飯にいただかない手はありません。
早速大量のアサリの下処理をし、流石に4㎏ものアサリは冷凍しても余りあるので、ごく近所にお住まいのお友達にも少しお裾分け。すると、とても喜んで下さったお友達から、今度は、お返しにと白桃をいただいてしまいました。今日は何だかとってもラッキーな日

今夜は、相棒と私の収穫物を合わせてイタリアンに。
アサリのワイン蒸し
DSC08149_convert_20120829230538.jpg

アサリとキノコ、フレッシュトマトのパスタ
DSC08150_convert_20120829230701.jpg

そして、翌日は和風にアサリを酒蒸しに。
DSC08151_convert_20120829230821.jpg

何せアサリの身が普段スーパーで買う物とは比べものにならないくらい大きくプリプリしていて、いずれもとっても美味しくいただきました。アサリのお出汁をシンプルに味わうなら、イタリアンより和の酒蒸しの方に軍配かな。

まだまだ冷凍庫に眠っているアサリ君達がいるので、どのように味わおうかとワクワクします
色々な食材をいただいた皆様、ありがとうございました十二分に満喫させていただいていますよ

スポンサーサイト

trattoria DEL CAPITANO

仙台に戻っても太陽が燦々と照り輝く中、意を決してお出かけし、グルメのお友達とDEL CAPITANO (デル・カピターノ)にてランチです。このお店、このお友達にご紹介いただき相棒と共にディナーに訪れたことはあったのですが、ランチは今日が初めて。ランチはコストパフォーマンスがとても良いと聞いているので、楽しみです

ベーシックにナポリランチ(1,200円)をいただくことに。
前菜盛り合わせ
DSC08120_convert_20120830231705.jpg
今日は、偶然にも、震災後初めて女川産の立派なムール貝が入ってきたとのこと。身がプリプリしていて、とても美味しかった

サーモンとキノコのクリームパスタ
DSC08121_convert_20120830231844.jpg

パンもお代りでき、前菜にも色々な物がいただけて、ボリューム満点のランチでした

お食事の後は、電力ビル1Fにあるラウンジカフェ ホシヤマへ。
キウイとパッションフルーツのハーブティ
DSC08124_convert_20120830232203.jpg
珍しい鮮やかなグリーンのハーブティーは、とても爽やか。

アーモンドケーキとチョコレートムース
DSC08122_convert_20120830232026.jpg
お友達のチケットにて、デザートをご馳走になりました。

暑さに負けないよう美味しい物を食べてエネルギーチャージし、沢山お喋りをしてリフレッシュし、楽しいひと時でしたまた、美味しお店を教えて下さいね~


ウエストのドライケーキ

今朝、相棒の伯父様から、とっても嬉しい贈り物が届きました。
洋菓子舗ウエストのドライケーキです

DSC08118_convert_20120830231549.jpg

ウエストのドライケーキとの出会いは、高校生の終わりくらいだったかなぁ。父方の伯母様が東京にいらっしゃるので、その伯母様が送ってきてくださったこのお菓子の美味しさに、「こんなに美味しいクッキーがあったんだ」とビックリし、その時から私はウエストのお菓子の虜になりました。今では、東京駅に立ち寄る機会がある際に、いつも購入してくる品なのです。

決して目新しい味ではないのだけれど、噛みしめる度にバターや小麦粉の風味が広がり、素朴でありながら滋味深いお菓子。

伯父様、どうして私の大好物をご存知なのかしらな~んて思いながら、箱一杯のドライケーキを目の前にニマリとせずにはいられない私です


BROZER'S

水天宮にお参りした翌日、相棒は午前中のお仕事をちょっと失礼して…、気になっていた人形町のハンバーガー店BROZER'Sにてランチ

外国の建物のような真っ赤な外観をしたお店は、入る前からワクワクします。オーストラリアのシドニーで修行されたご主人が10年前から営まれているハンバーガー専門店だとか。

私は、アボガドバーガー。
DSC08104_convert_20120830231107.jpg

相棒は、日替わりランチタイムメニューのテリヤキバーガー。
DSC08107_convert_20120830231235.jpg
バーガーには、いずれもフレンチフライとオニオンリングが付いてきます。

とにかくパテがジューシーでスパイシーパテの味を楽しむ、ボリューム満点のハンバーガーです。テリヤキバーガーのタレも、普段慣れ親しんでいるタレとは異なり、パンチのあるもの。フレンチフライもオニオンリングもホクホク&サクサクしていて、とても美味。

私達はお昼前の11時半くらいにお店に入ったのですが、12時前になると周りのオフィスからランチにやってくる会社員でアッという間に満席に大人気であることを納得させられるハンバーガーです相棒のお仕事が定期的に水天宮前であるので、是非是非リピートしたいお店です。人形町界隈は興味あるお店が盛り沢山で、これからも色々要チェックだな

今日の東京も猛暑日。外にいるだけでクラクラしてくる暑さなので、午後からお仕事に出かけた相棒と別れ、私は、東京駅にある大丸で涼みながらお買い物&カフェで相棒を待つことに。

店内のカフェは軒並み満席だっため、比較的席にゆとりのあったBURDIGALA CAFE (ブルディガラ・カフェ)に陣取りました。5階のガラス窓からはキラキラ輝く夏日に照らされる東京駅周辺が見渡せ、外はうだるような暑さでも、冷房のよく効いた店内はしごく快適

お店特製のチーズケーキ
DSC08111_convert_20120830231412.jpg
可愛く盛りつけられたチーズケーキは甘さ控えめ。サッパリとした中にもチーズのコクがあり、ペロリといただきました。優雅な空間で一人贅沢にゆったりカフェなんて凄く久し振りで、何だか嬉しかった。たまにはこういう時間も必要だな


水天宮

相棒が、東京の水天宮前にあるロイヤルパークホテルにてお仕事ということで、私も、水天宮にお参りするために相棒に同行して上京しました

昨年1月、今回と同じように上京した際、ランチをご一緒した会社の元先輩から、「水天宮は子授け&安産祈願にご利益があるから是非お参りしておいで」と教えていただき、早速相棒と二人で子授け祈願をしていたところ…、早くもその願いを叶えていただけたので、今回は、子授けのお礼参りと安産祈願です

DSC08103_convert_20120830230930.jpg
DSC08099_convert_20120907112124.jpg
着いたのは既に夕暮れ時だったのですが、境内は夜7時まで参拝可能のため、数人の女性がまだ参拝されていました。

赤ちゃんが無事に育って、安産できますように。
そして、参拝されている皆さんの願いが叶いますように


いただき物

久し振りに、相棒のおばあちゃん宅へ夕飯をいただきにお邪魔したところ、夕飯の他にも色々な物を準備して下さっていましたいつも、美味し物や珍しい物があると我々のために取り置いてくださるのです。

今日も、相棒の好物である冷凍エビやら、平田牧場のしゃぶしゃぶ用豚肉(平田牧場の豚肉は旨みが強くて本当に美味)、そして、山形産のアンデスメロンに桃。
DSC08085_convert_20120830230458.jpg

果物大好きの私は、果物をいただくのが何より嬉しい勿論、他の物も大歓迎ですが。
早速切ってみたところ、メロンも桃も甘くてとっても美味しかった

私がおばあちゃんのお宅にお邪魔する時はいつも、おばあちゃんの大好きな我が家のホームベーカリー製のパンやどこかに行った際のお土産を持参し、そして、おばあちゃんからも沢山の美味しい物をいただきます。最近では機会が少なくなってきたこんな物々交換ですが、これは相手のことを思って品物を準備し心を通わせる大切なコミュニケーションの一つだと思うので、母が大切にしていたのと同様に、私もこれからも大切にしていきたいな。


フランス食堂 オ・コションブルー

今日はお友達とランチです。お店は色々迷ったのですが、アクセスの良い所と考えて、フランス食堂 オ・コションブルーにしました。ランチで来るのは二回目かな。久し振りの訪問です。

今日はお話がメインなので、1,200円のシンプルなランチコースに。

二種のオリーブの実とシェフ自家製のリエットに続いて…
ジャガイモのポタージュ
DSC08080_convert_20120830115959.jpg

三元豚肩ロースのカフェドパリ風 サラダの盛り合せ添え
DSC08081_convert_20120830120413.jpg

レモンタルト
DSC08082_convert_20120830121239.jpg

オーダーするのも忘れるくらい始めからお喋り三昧でしたが、お料理もコストパフォーマンスが良く楽しめましたよ。お店のメインである豚肉が柔らかく、マスタードベースのソースとよくマッチしていて美味しかった。

お食事の後も、お喋りしながらウィンドーショッピング偶然にも、仙台に越して来た時期も然程変わらず、ご主人の勤務先も同じと数々の共通点があり、色々情報交換でき、とても楽しいひと時でした。これからも末永く、宜しくお願いしますね~


北海道のお土産

お仕事で仙台にやって来た父が我が家に訪れ、相棒と3人での夕飯となりました。
しばしば我が家に顔を出す父ですが、今日は、父と母が今週前半にプチ北海道旅行を楽しんできたので、そのお土産を色々と持って来てくれたのです

DSC08083_convert_20120830230325.jpg
こちらは、北海道の柳月というお菓子屋さんの色々焼き菓子。甘さ控えめでどれも美味しかった
他にも、ラベンダーのポプリや、ワカサギの佃煮、立派なサキイカ等々、盛り沢山のお土産を運んできてくれました。

何より嬉しかったのは、父がとても楽しそうに、母との旅行の話をしていたこと。数年前に定年を迎えた父は、昨年あたりから、今まで持てなかった余暇の時間を楽しむべく、少しずつ母と一緒に旅することを始めたのです。今回は、2泊だけの旅だったので、札幌を拠点にして大沼まで少し足を延ばしたのみのようですが、見たものや食べたもの、そして道中の母とのやり取りを話す父の楽しそうな顔が何よりのお土産でした

これからも、健康に気を付けて、いつまでも母と仲良く色々な所を旅して、二人の時間を楽しんで欲しいものです


ホタテの炊き込みご飯弁当

今日は、久し振りに、ホタテ貝柱の乾物を使った炊き込みご飯のお弁当にしました。

DSC08063_convert_20120830115454.jpg
ホタテの炊き込みご飯、揚げ焼売、ひじきの煮物、関東風卵焼き、ゴボウの胡麻酢和え、
サツマイモの甘煮、キュウリの梅肉和え、プチトマト、アサリの佃煮

このホタテの貝柱は、北海道産で、予め味付けされているので、お出汁で炊かずとも、気持ち調味料を足してお水で炊くだけで、とっても美味しい炊き込みご飯が炊きあがる優れもの

昨年春くらいまでは、デパートの北海道展にて仕入れることができていたのですが、その後、どこの北海道展を見ても、この貝柱を売っているお店が出展されていないようなのですいつも元気なおばちゃんが、沢山試食させてくれて、沢山おまけをしてくれて、おばちゃんともすっかり顔馴染みになっていたのに…。あのお店はどうしちゃったのだろう…美味しいホタテの炊き込みご飯が食べられないのも残念なのですが、あの元気なおばちゃんの行方も心配…また、どこかで再会できると良いなぁ。


美濃吉のお弁当

今日の夕飯は、相棒が持ち帰ってくれた美濃吉のお弁当
美味しいお弁当がいただける上に、夕飯の準備をお休みできる、私にとって素敵な日です

DSC08061_convert_20120830115329.jpg
今日も肉・魚に、煮物・焼き物と盛り沢山。
煮物には、夏野菜である冬瓜が。私は冬瓜の煮物や椀物が大好きです。湯気の立つ温かいものも冷蔵庫でよく冷やしたものもいずれも美味しいし、アクセントに生姜のすりおろしを足すとこれまた美味。京都では、夏場によく食べる食材です。
ご飯には、ピリッと山椒の効いたちりめん山椒が乗っていて、食欲を掻き立てます。

美濃吉のお弁当は、私好みの薄味で、季節の食材が楽しめる、私の大好きなお弁当の一つ。
また、美濃吉のお弁当、お願いしますね~


謝朋殿 粥餐庁

イタリアンのビッグランチを食べたのに、仙台に着いたら小腹が空いてきたので、夕飯は、仙台駅S-PAL地下にある謝朋殿 粥餐庁にて、お腹に優しいお粥を食べることに。

私は粥餐庁セットで、蒸し鶏ときのこのサンラー麺・今週の季節粥(鮭とコーン)・肉まん・杏仁豆腐。
DSC08058_convert_20120830114818.jpg

相棒は、先日品川で食べたタイ料理が気に入ったとかで、トムヤムクン粥。
DSC08059_convert_20120830114954.jpg

お粥は玄米と五穀から選べて、お米はもちろんお塩やお水にもこだわられている様子。どれもお腹に優しいお味で美味しくいただきました。粥餐庁なのだけど…、私はサンラー麺が気に入ったかな

色々なテイストのお粥が味わえ、麺や点心もあるので、軽く食べたい時にお勧めのお店です。


BOCCA del VINO

京都の締めくくりは、BOCCA del VINO (ボッカ・デル・ヴィーノ)にて弟と相棒とでイタリアンランチ
鉾の立ち並ぶ賑やかな四条室町にあるこじんまりしたお店。祇園祭の人混みの中、木の扉を開けると、居心地の良い静かな空間が広がっていました。

ランチコース(前菜盛り合わせ・パスタorメイン・デザート・コーヒー)に、男性陣はメイン料理を各々一皿ずつプラスする形で、3人で3種のパスタと2種のメインをシェア。
DSC08039_convert_20120830113607.jpg
DSC08040_convert_20120830113736.jpg
DSC08041_convert_20120830113853.jpg
DSC08042_convert_20120830114010.jpg
DSC08043_convert_20120830114121.jpg
DSC08044_convert_20120830114234.jpg
DSC08045_convert_20120830114347.jpg
DSC08046_convert_20120830114510.jpg
パンから美味。パスタは全て手打ちで、メニューには、異なる種類のパスタにそれぞれ異なる種類のソースが組み合わされており、とても興味深いもの。お味はどのお皿も一捻りされていて、味のバリエーションがあるので、飽きずに全てを堪能できます。勿論、どのお皿が一番好きというお好みはありますが。お肉の焼き加減も程良く、豚も牛もとても柔らか。最後のティラミスとマンゴーシャーベットまで、全てのお皿を楽しめました。

京都を離れて早11年と少し、新たなお店が色々とできているので、これから帰省の度に色々試す必要があるな


祇園祭

今日は祇園祭に繰り出しました。
祇園祭は、もともと疫病退散を祈願した祇園御霊会(ごりょうえ)に由来する京都八坂神社のお祭りで、7月の一ヵ月に亘って行われる壮大なお祭りです。今年は、そのハイライトの一つである宵山(夕方から山鉾に吊られた駒形提灯に火が入り、祇園囃子が流れる期間)がちょうど連休と重なるため、例年以上の人出が予想されているとか。その連休の恩恵を受けて、相棒も初めて祇園祭を目にすることが叶ったのですが。

日中は35℃を超える猛暑日とにかく「暑い」の一言にもかかわらず、沢山の人が祇園祭の雰囲気を味わおうと四条界隈に集まります。

DSC08052_convert_20120830114633.jpg
函谷鉾

DSC08033_convert_20120830113441.jpg
長刀鉾
夕暮れ時になり、提灯に火が入り、祇園囃子が始まります。

DSC08028_convert_20120830113227.jpg
祇園囃子は、鉾の手摺りに腰掛けるようにして行われます。このお囃子を聞くと、京都の人は“いよいよ夏も本番”という気持ちになるのです。右手前の梯子は、鉾を鑑賞するために近隣のビルから掛けられた渡り廊下のようなもの。長刀鉾は女人禁制で、女性が鉾に上ることは未だに許されていません。

ちなみに、仙台の我が家の玄関先にも、母が贈ってくれた長刀鉾のミニチュアがあるのです。
DSC08139_convert_20120830232950.jpg

更に、今年は、函谷鉾のちまきを購入し、仙台に帰宅後、厄除けのために玄関に飾りました。
DSC08136_convert_20120830232627.jpg
本来であれば、玄関外の高い位置に飾るものなのですが、マンションではなかなか難しいので、玄関内で悪しからず。でも、効用はきっと変わらないはず

中学生になってから東京に出るまでの学生時代は、浴衣を着て祇園祭の雰囲気を友達や特別な人と毎年楽しんだものでした。祇園囃子を聞かないと、夏が始まる気がしないのです。今年は、相棒と一緒の初めての祇園祭、何だか不思議な気持ちでした。何より、相棒が、私の大好きな祇園祭を十二分に満喫し、大層気に入ってくれたことが、京都人の私としては嬉しかったな今度は、“動く美術館”と呼ばれる山鉾巡行も一緒に観に行こうね。


伏見稲荷大社

お仕事が終わった相棒も京都に辿り着き、今日は、両親と相棒とで伏見稲荷大社にお参りに。間もなく5ヵ月の戌の日を迎えるので、少し早い安産祈願なのです。

今日も京都は猛暑日青空に朱色の大鳥居が生えます。
DSC08021_convert_20120830112948.jpg

千本鳥居の入り口。ここから山頂を目指すのですが、それはまた機を改めて
DSC08007_convert_20120723204200.jpg

安産祈願は、伏見稲荷大社の中にある産婆稲荷社にて。お稲荷さんの敷地内にあるお池の北側一帯を「御産場」というとか。昔多くの狐が棲んでここでお産をしていたといわれていて、「神の使」である狐が子を産み育てたことから、ここで祈願すると安産できると言い伝えられているようです。我が家は、母の時も、安産祈願はこのお産婆さんにて行ってきました。
DSC08086_convert_20120830230805.jpg
ここでは、安産の帯と御守の他に、産場稲荷社前の燃え残りのロウソクをいただきました。このロウソクを持ち帰ると、その持ち帰ったロウソクの長さだけで陣痛が済むのだそうです
どうか、安産の御利益がありますように

お参りの後は、私の小さい頃からずっとあるお池の前の茶店で、かき氷
DSC08013_convert_20120723204807.jpg
氷屋さんから仕入れられたキレイな氷をシャリシャリかいて、その上にその場でお抹茶を点てて作られたシロップがたっぷり。お店でかき氷を食べること自体が、相当久し振り。サラサラにかかれた抹茶味の氷は、口の中でスーっととけて、同時に暑もスーっと抜けていきます。ふと、小さい頃、この茶店がお池の前に並べているベンチに座って、母の手作りのおにぎりをよく食べたことを思い出しました。かき氷は、記憶をタイムワープさせてくれる懐かしい味でもあるのかもしれません。

いただいた安産帯、安産を願って、戌の日に巻きますよ


にしんのうま煮

仙台にいる相棒から連絡があり、相棒の親戚の伯父様から、“私宛て”に美味しそうな贈り物が届いたとのこと。

私が京都出身であることから、京都のおばんざい“にしんの炊いたん”を送って下さったようです。
ご丁寧にお手紙まで頂戴して、「にしん蕎麦にしてどうぞ」とのこと。
DSC08066_convert_20120830115720.jpg
確かに、私は、祖母や母が作ってくれていた夏場の甘辛いコックリとした味の“にしんとナスの炊いたん”が大好きですし(母からレシピを習わねば)、実家の年越しそばは、決まってにしん蕎麦なのですが、それを察知していただけたのかしら

加えて、金沢の加賀麩不室屋の宝の麩までいただいたようです。
DSC08069_convert_20120830115843.jpg
こちらも、何が出てくるのかいつもワクワクする一品。

お心遣いがとても嬉しい贈り物でした
久し振りのにしん蕎麦、楽しみにいただきます。


ラ・プレーヌ・リュヌ

お仕事に励む相棒を仙台に残し、一足お先に蒸し暑い京都に帰省してきました
一人時間の間に、大学時代のお友達とフレンチレストランへ。

今夜のお店は、お友達お勧めのラ・プレーヌ・リュヌ。祇園祭の山鉾が並ぶ四条通を少し下がった所にある10席程のこじんまりとしたお店です。

サーモンの自家製燻製
DSC07996_convert_20120723202943.jpg

鱧のおとし:夏の京都の食材と言えば、鱧
DSC07998_convert_20120723203103.jpg

桃のスープ:桃に白ワインと生クリームを加え、あっさりしたデザートのような冷製スープ
DSC08000_convert_20120723203219.jpg

3種の鯛のソテー ブイヤベース風
DSC08001_convert_20120723203339.jpg

桃のコンポート ブラマンジェと白ワインゼリーを添えて
DSC08002_convert_20120723203742.jpg

優しい味のフレンチを心行くまで堪能しながら、仕事に趣味にと頑張るお友達の話を聞き、今日もフルチャージできました。何でも気兼ねなく話せる学生時代のお友達は本当に大切な存在だなと、改めて噛みしめるひと時でした。これからも宜しくね


すし処 幸村

夕飯に、相棒がすし処 幸村のお弁当を持ち帰ってくれました。

DSC07994_convert_20120723202826.jpg
盛り沢山の海鮮ちらし寿司弁当。
思いもよらず、連日お寿司の大当たりです

凄いボリュームだったのですが、様々な品を少しずつ楽しむことができ、飽きることなく最後までペロリといただきました。ちらし寿司には、お醤油ではなく、あっさりとした出汁醤油が付いていて、その心遣いがまた嬉しかったです。

美味しいお弁当、ご馳走様でした


塩釜ドライブ

今日は相棒が完全offの貴重な日曜日だったので、久し振りの遠出をして塩釜までドライブしました我が家から塩釜までは、車で1時間弱。お天気も良く、絶好のドライブ日和

DSC07983_convert_20120722004930.jpg
まずは塩竈神社にお参り。境内から松島がキレイに見えました。

DSC07981_convert_20120723202036.jpg
8月には相棒がopeを受けるため当病平癒のご祈祷を受け無事の回復をお願いすると共に、年末に増える予定の家族が無事に誕生するように絵馬を奉納して安産祈願

お参りが無事済んだところで、塩釜でのお楽しみ亀喜寿司にて、待望のお寿司ランチ
DSC07989_convert_20120722004750.jpg
DSC07991_convert_20120723202335.jpg
お決まりの季節の盛り合わせに藻塩でいただく握りを少し追加
加えて、これまた定番の白身魚のすり身がたっぷり入ったフワフワ卵焼きと、〆に地元の大吟醸の貴重な酒粕で作った極上のアイスクリームをいただきました。やはり、亀喜寿司のお寿司は絶品です。

良いお天気の中、お腹も満たされ、塩釜でのお休みを満喫できた一日でした。
また来ますよ~


Happy Birthday!

昨日は、相棒の37回目のお誕生日
だったのですが、お仕事で不在だったため、一日遅れの今日、二人でささやかなお祝いです。

相棒のご所望により、明太子パスタをメインとしたプチお誕生日ディナーコースを準備。
デザートは、美味しいバウムクーヘンがあったので、焼き菓子ではなく冷菓にしてみました。

DSC07970_convert_20120707175531.jpg
ヨーグルトミルクゼリーに、キウイとプラムのはちみつ漬けソースを添えて。
歳の数に応じたキャンドルは準備が難しいお歳となってしまったので…、簡易バージョンで“3”と“7”のキャンドルを。

今年も無事にお誕生日を迎えられたことに感謝し、37歳の一年も健やかに過ごせることを祈ります激動の一年となりそうな37歳、お互いに支え合いながら乗り切ろうね


鮭フライ弁当

今日のお弁当は、昨日のサンドイッチ弁当のために茹でたゆで卵が一つ残っていたので、これを活用すべく、自家製タルタルソースを添えた鮭フライにしました。

DSC07962_convert_20120707172804.jpg
鮭フライ、ナスとピーマンの味噌炒め、粉ふき芋、自家製タルタルソース、キャベツとニンジンのピクルス、スティックサラダ、ゴボウの味醂漬、ゆかりご飯、アメリカンチェリー

タルタルソースには、以前どこかで見たレシピにしば漬けが入っていたのを参考に、冷蔵庫に眠っていた高菜漬けを少し入れ、和の風味を加えたソースにしてみたところ、これが鮭フライに程よくマッチ。なかなか美味しい組み合わせですよ


聘珍楼のお弁当

夕飯に、相棒が聘珍樓のお弁当を持ち帰ってくれました
以前にも一度聘珍樓のお弁当を持ち帰ってくれたことがあり、牛・豚・鳥&海鮮と様々な食材を使ったゴージャスなお弁当だったので、今回も楽しみにしていたお弁当です。


前回のメニューとは異なっていましたが、今日も色々盛り沢山。
どれもあっさりとしていながら、中華の香辛料の効いたお味で、大満足でした。

お店でいただく中華料理って、簡単にできそうな炒め物(例えば、牛肉とマイタケ・アスパラガスの炒め物)でもその独特の味付けを家庭で再現することは難しく…、いつか習ってみたいものです。でも、家庭で出せない味だからこそ、お店に行って味わう楽しみがあるのですよね。

相棒の持ち帰ってくれるお弁当はいつもそれぞれに美味しく、次回はどこのお弁当だろうと、私のささやかな楽しみです。お夕飯の準備をしなくて良いのも、大変ありがたいことです


お客様

夜、相棒の幼稚園からの幼馴染がいらしてくださいました。彼にいらしていただくのは今日で3度目かな。度々いらしていただけるのは嬉しいことです。

自分でお料理もなさる方なので、おもてなしをする側としては、出したお料理に色々なコメントが返ってきて、作り甲斐のあるお客様です。今日のメニューも何にしようかと考えたのですが、お酒の呑めない私は彼の好きな日本酒に合うメニューがいまいちピンとこないので、今日は同じく日本酒好きな相棒の食べたいものを作ることにしました。

キュウリ・ワカメ・茗荷の酢の物、空豆とエビの白和え、鶏の塩麹漬け焼き
DSC07946_convert_20120707170711.jpg
焼き鳥の風味が日本酒に合うのだとか。京都のおばんざいの要素も取り入れたくて、旬の空豆を白和えにしたものも取り入れました。

韓国風肉じゃが
DSC07950_convert_20120707171847.jpg
ニンニクの効いた甘じょっぱい味が、これまたお酒に合うそうで…。

〆は、トマトとジュンサイのお味噌汁と銀杏ご飯にしました。
トマトのお味噌汁は最近のお気に入りで、暑い時期にサッパリといただけるとっても美味しいお味噌汁です。今日は冷蔵庫でずっと眠っていたいただき物の秋田産のジュンサイの瓶詰も足して、茗荷の千切りも添えました。

お料理はどれも喜んでいただけたようで、一安心。沢山召し上がっていただけることが、作り手としては何より嬉しいです

このお友達は、同居されているお婆様がお家で畑をされているので、いつも採れたてのお野菜を沢山持ってきて下さるのですが、これも、私の密かな楽しみです。今日は、近くの養鶏所の朝採り地卵と、お家で採れた大きな玉ねぎ&ニンニクをたんまりいただきました。
DSC07951_convert_20120707172307.jpg
DSC07977_convert_20120707180131.jpg
卵もお野菜もどれもとっても立派。何を作ろうかと、楽しみになります。

いつも話に花が咲き、お開きは12時前。次回は、お友達のお家にお邪魔してBBQを楽しむ予定です。採れたてのお野菜を使った贅沢なBBQ、ワクワクします。また、我が家にもいらして下さいね


バウムクーヘン

先日相棒が出席した披露宴の引き出物の一つに、見慣れないパッケージに入ったバウムクーヘンがありました。

調べてみたところ、ドイツのホレンディッシェ・カカオシュトゥーベというお店のバウムクーヘンで、2009年より新宿伊勢丹が取り扱いを始めたもののようでした。ドイツの本格的なレシピに基づいて作られた、無添加のバウムクーヘンとのこと。これは、楽しみ

DSC07966_convert_20120707174815.jpg
DSC07964_convert_20120707173633.jpg
バウムクーヘンの入っている箱の絵柄が何とも素朴で、左右両側面にもとても可愛らしいイラストが描かれています。

お味もこれまた美味しく、典型的なバウムクーヘンなのですが、バターの風味の効いたしっとりとした生地は程良い甘さで、いただいた大きさならペロリと一人で一度にいただけそうな美味しさです。この種のバウムクーヘンなら、私の中では、今まで食べた中で一番にランキングできる美味しいバウムクーヘンかもしれません

このお店、他にも幾種類かのバウムクーヘンを出しているようなので、他の物もお味見してみたいところです。

新たなお店の美味しいお菓子との出会い、ワクワクします


Pizza Hat

今日は朝からずっと、買い出しに出かけていたので、夜はPizza Hatのピザを注文してみました。先日、4種の味のピザがお持ち帰りで半額というお得なチラシが入っていたので、以前から食べたかった宅配ピザを今日味わうことに。相棒との共同生活を始めてもうすぐ二年、宅配ピザを試してみるのは今日が初めてです。

DSC07944_convert_20120707170527.jpg
ゴージャス4:ピザハットグルメ、シーフードミックス、バーベキューチキン、シシリア風ピザの4種で、何と1,200円

宅配ピザのお店は色々あるのですが、私はPiza Hatのピザがお好みです。あまりひつこくなくて、生地と具材の量のバランスが良いように思うのです。
生地は、ふっくらパンピザ。少し甘めのフワフワパン生地に色々な具材を載せると、ボリュームもあるし、“食事用のピザ”という感じがします。勿論クリスピーな生地のピザも好きなのですが、こちらは、お店で石窯から出されたばかりのパリパリ感を楽しみながらいただくのが贅沢な気がします。

一枚で4種の味が味わえるので、飽きることなく楽しめます。サイドメニューに和風チキン(予想以上にbig size)と焼きたてポテトも食べたところ、ピザは2ピースで満腹になりました。残りは、明日の朝食だな。

久し振りに食べた宅配ピザ、ボリューム満点で大満足でした




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。