杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野菜の肉巻き弁当

今日のお弁当は、何だか甘じょっぱいものが食べたい気分だったので(あくまで私の気分ですが…)、冷凍庫で眠っていた豚肉でお野菜を巻いて照り焼きにすることにしました。お弁当に肉巻きを作るのは、これが初めてです。


色々野菜の豚肉巻き照り焼き、ポテトサラダグラタン、蒸しアスパラガス、青のり入り卵焼き、きんぴらごぼう、水菜とかにかまのゴマ酢和え、ゆかりご飯、つぼ漬

肉巻きは、具材としてエノキ・ニンジン・蒸しアスパラガスを巻き込みました。意外にも沢山のお野菜を巻き込めるので、ヘルシーなメニューです。照り焼きのタレは、何か変わり種はないかとインターネットでレシピを検索してみたところ、お酢を加えたタレが載っていたので、今日はこちらを採用甘じょっぱさと酸味が程よく相まって、ご飯の進むお味になりました。

ポテトサラダグラタンは、ポテトサラダが少し残っている時によく登場する我が家の朝食メニューです。ポテトサラダにゆで卵や茹でたブロッコリーをのせ、更にとろけるチーズをのせて、オーブントースターで色付くまで焼きます。ポテトサラダの酸味とチーズの濃厚な味の調和が美味しく、ボリュームも出て、リピートしたくなる一品ですよ。

肉巻きメニューは、お肉の種類・巻き込む具材・タレを変えることでバリエーションが広がりそうなメニューなので、これから色々探究してみます

スポンサーサイト

つばめグリル&キリスト品川教会

二日目のブランチは、勤務時代にこれまたよく通ったつばめグリル
品川駅近辺に2店舗あるので、残業で遅くなった日には、同僚とブチブチ言いながら翌日へのパワーをチャージすべく夜な夜なここのハンバーグを食べたものでした。今日は、太陽の下、相棒と共にサンデーブランチとしてのハンバーグ。懐かしくもあり、何だか少し不思議な感じもします。

相棒は、ジャーマンハンブルグステーキ。
DSC07936_convert_20120628200906.jpg
半熟の目玉焼きとドミグラスソース添え。

私は、和風ハンブルグステーキ。
DSC07938_convert_20120628201023.jpg
お醤油ベースのソースと大根おろしでさっぱりいただきます。

久し振りに食べたつばめグリルのハンブルグステーキは、変わらず、お肉の味を楽しめるジューシーなハンバーグでした。ハンバーグの脇に添えられているのは、丸々じっくりとオーブンで焼かれた大きなジャガイモ1個。こちらもホクホクで、皮ごといただけます。

お腹が満たされたところで、今回の東京滞在の最大の目的、キリスト品川教会のホームカミングデーに参加しました。

品川教会は、相棒と結婚式を挙げた私達の原点となる教会。中学からの学生時代をずっとプロテスタントの学校で毎朝の礼拝と共に過ごした私は、どうしても教会の牧師様の下での結婚式が挙げたくて、教会員でなくとも式を挙げられる教会を探していたところ、この教会と出会うことができたのでした。ただ、この教会で式を挙げるためには、数回日曜礼拝に出席し、牧師様によるセミナーを受けねばならず…、忙しい中仙台から東京に通いこの課題をこなしてくれた相棒には感謝です。

結婚式自体は親族だけで挙げたのですが、祝福と共になされた、牧師様の「これからが戦いの始まりなのです」という戦闘開始宣言に、人生の先輩である両親の方が共感し感動していました。牧師様も教会員の皆さんも本当に素晴らしい方達ばかりで、この教会で過ごした時間は、私達にとってかけがえのない宝物です。

一年に一度、これまでにこの教会で結婚式を挙げたカップルが集うのがこのホームカミングデー。私達は2度目の出席ですが、牧師様のお話を聞くことのできるこの日を楽しみに、毎年数十組のカップルとその子供達が集います。この教会に来て、牧師様や教会員の方々にお会いすると、どういう訳か心が落ち着きます。私達にはいつでも戻る場所があるという安心感なのか、私達はここから始まったのだと初心に戻ることができるのか。

牧師様の仰る通り、相棒との最期の日まで「あなたと一緒で良かった」と心から言えるよう、これからも頑張らねば。「結婚」ということの真の意味を教えて下さる牧師様は、私達の心の支えなのかもしれません。また来年のホームカミンデーにも、勿論参加しますよ。相棒と共にね


RAK THAI (ラックタイ)

今週末は東京で過ごします
今日は、日中、相棒が同僚の結婚式に参列のため、私は一人でかつての勤務地である品川近辺を探索。まさか誰かに会ったりしないよね…と、ちょこっとばかしキョロキョロしてみたり

今夜の宿泊は、御殿山ガーデン ラフォーレ東京。相棒との結婚披露宴を行った思い出深いホテルです。ホテル内のゆったりとした空間と緑が東京の真ん中に居ることを忘れさせてくれる、私達のお気に入りのホテルでもあります。

なので、夕飯も品川で。色々あるお店の中から、勤務時代に同僚とよく行ったタイ料理のお店RAK THAI (ラックタイ)にしました。2年前までこの地でアクセクと必至で働いていたことが今や懐かしく、もう遠い昔のことのようにも思えます。もうあんな過酷な生活、きっとできないだろうなぁ。でも、充実していてキラキラした私の大切な時間でした。

青パパイヤのサラダ:コリコリの触感が面白い
DSC07921_convert_20120628200254.jpg

トムヤムクン:いつ食べてもやみつきになる味
DSC07923_convert_20120628200420.jpg

ガパオ(バジルと豚肉の甘辛炒め):後から辛味がきます
DSC07925_convert_20120628200641.jpg

エビすり身揚げ:食べてしまいましたが…アツアツのフワフワ
DSC07929_convert_20120628200759.jpg

仙台ではなかなかいただけない本格タイ料理、相棒も私も辛い物があまり得意ではないのに唐辛子マークの複数ついたメニューを選んでいたようで、汗をかきかき、ヒ~ヒ~言いながら、でもとっても美味しくいただきました。

時々無償に食べたくなるタイ・ベトナム・シンガポール等のアジア料理、仙台にも美味しいお店ができるとよいな


ヘルシー弁当

お弁当dayの今日は、和食を基本にしたヘルシー弁当にしてみました。
昨夜遅くまで接待だった相棒のため、今夜はカロリー控えめの献立です


ちりめん雑魚とゴボウの炊き込みご飯、紅鮭のソテー、生麩の照り焼き、ワカメ入りだし巻卵、小松菜のゴマ酢和え、カブとショウガの塩麹浅漬け、お豆の甘煮、つぼ漬、アメリカンチェリー

ちりめん雑魚とゴボウの炊き込みご飯は、お酒とお塩を加えてシンプルに炊き上げます。カルシウムと食物繊維の摂れる素朴な炊き込みご飯で、私のお気に入りの炊き込みご飯の一つです。
鮭も、今日は甘塩の紅鮭を使いましたが、フライパンでサラダオイルかバターを用いてソテーすると、グリルで焼くのとはまた違う風味が楽しめます。

生麩は、私の故郷である京都では日常的に食べる食材なのですが、仙台ではデパート等の食料品売り場に行かないと出会えない(それも種類が凄く少ない)ことに驚きました。生麩が大好物の私は、京都に帰省した際に色々な種類を買って帰ってきたり、両親が仙台に来る際に持ってきてもらったりして、冷凍保存しています。普段、我が家では、生麩を汁物やお鍋に入れていただくのですが、今日は照り焼きにしました。磯辺焼きのお餅のようで、これまた美味しいのです。

カロリー高目の品を入れなったのですが、相棒のお腹は満たされたのでしょうか
健康のため、今後も、ヘルシーなお弁当を取り入れますよ~


オムライス弁当

今日は土曜日なのですが、相棒は朝からお仕事。そして、雨
何だかさえない週末です

が、気を取り直して、お弁当作り。
ランチには、ツナ・アボガド・チーズ&サニーレタスのサンドイッチを渡し、夜は久し振りにオムライス弁当にしました。


オムライス、ポテトグラタン、小松菜のおひたし、蒸しナスの胡麻酢和え、
ブロッコリー、ミニトマト、レッドグローブ

オムライスには、冷凍庫に少し残っていたシーフードミックスとベーコンを入れたケチャップライスを包み込みました。やっぱり、チキンライスを卵でキレイに包むのは難しい。今日は、少し焦げ目が付いてしまいました。
ポテトグラタンは、カロリーを抑えようと、生クリームを使わずに牛乳だけで作ったせいか、少しコクがなかったような。相棒のお腹回りの大きさも気になるので…、カロリー控え目だけれども美味しいお料理研究しないといけないですね。

明日は雨が止みますように


つや姫

先日のお野菜に引き続き、またまた嬉しいいただき物が
相棒の親戚の伯父様が、山形の美味しいお米“つや姫”を送って下さったのです
ご実家が山形の庄内でお米を扱っていらっしゃるということで、昨年収穫された中でも上質のつや姫を手配して下さったとのこと。

DSC07861_convert_20120614194058.jpg
つや姫は、コシヒカリを始め幾つものお米の品種を交配して開発されたお米の品種で、県から認定を受けた生産者によって栽培適地で有機栽培されたエリートのお米です。お米の粒が大きくて、甘み・旨みが強く、香りもよく、ご飯だけでも美味しくいただける、とっても美味しいお米なのです。

いつもお米を炊く際には、栄養価も考えて発芽玄米や雑穀を合わせて炊くのですが、つや姫の場合話は別、つや姫だけでシンプルに炊き、そのお米の美味しさを楽しみます。また暫く美味しいご飯がいただけるぞ。

今週は思いもかけない品を立て続けにいただいたhappyな週でした。
お心遣いいただいた皆さんに、感謝です


韓国風肉じゃがコロッケ弁当

木曜日のお弁当day。
今日は、昨夜の夕飯に作った韓国風肉じゃがをリメイクしたコロッケ弁当。

DSC07857_convert_20120614193826.jpg
韓国風肉じゃがコロッケ、小松菜・シメジとベーコンの炒め物、
高菜明太子ふりかけの混ぜご飯、関東風卵焼き、キャベツの塩麹即席漬け、
カブの甘酢漬け、ゴボウの味醂漬、アメリカンチェリー

韓国風肉じゃがは、以前にご紹介した稲田多佳子さんのレシピで、先日いただいた無農薬のジャガイモ君を使ったもの。メインのジャガイモ君がホクホクと甘くとても美味しいので、肉じゃがもいつもより美味しく出来上がりました。すりおろしにんにくを少し入れた甘じょっぱい肉じゃがをコロッケにしたのは初めてだったのですが、ソースも何もいらないコロッケ自体の美味しさの発見となりました。何より、美味しいジャガイモ君の貢献度高し、なのですが。

キャベツの塩麹即席漬けは、先日立ち読みした本屋さんの塩麹レシピ本に、キャベツと共に千切りショウガも一緒に漬け混むレシピがあったので試してみたところ、こちらもサラダ感覚でサッパリとした一品最後に大葉の千切りも加えて、アクセントにしてみました。

フライ物のお弁当だと、相棒のテンションが上がる様子
ジメジメシーズンを乗り切るためにも、ガッツリスタミナ弁当作り頑張ろう


黒ごまパン

久し振りにパンが捏ねたくなって、夕飯の支度をしながらシンプルな黒ごまパンを焼きました
“夕飯の支度をしながら”というのが私にとってはミソで、コンロを使うのでキッチンが暖かくなり室温での発酵が簡単になるのと、お鍋から出る湯気で程良い湿度が保たれて生地の乾燥が少し防げるような気がするのです。あくまで、気がする、だけなのですが…。

DSC07854_convert_20120614193423.jpg
パン教室にも4月の頭に一度行ったきり、その後はすっかりご無沙汰してしまっていて…。さらに更に、家でパンを捏ねるだなんて何か月振りかしらと不安に思いながら、上手く発酵してくれますようにと祈りながら捏ねたところ、予想外に美味しそうに焼きあがりました。少し目を離した隙に、頭の部分が焼けすぎてしまいましたが。

ホームベーカリーのパンの焼ける香りも幸せな香りなのですが、手ごねパンの焼ける何とも甘く香ばしい香りは、これまた格別です。手で捏ねた労力へのご褒美かしら

我が家では、少量のパンを焼くときには、オーブントースターの出番です。
電気オーブンを用いて焼く場合には余熱に結構な時間がかかるので、何となくオーブンを使うこと自体に二の足を踏んでしまうのですが、少量の生地で小さいパンを焼く時には、専ら温度設定が可能なオーブントースターで焼いてしまいます。電気オーブンに比べて庫内が狭く、ものの30秒もすれば庫内が充分温まるので、生地の発酵が良い状態だぞと思った時に気軽にすぐに焼けるのが嬉しいのです。

但し、庫内が狭い分熱源も生地に近くなってしまうので、今日のように、少し目を離した隙に表面が焼けすぎてしまうので、要注意。一方で、一気に焼き上げたいおうちピザやチキン等々の普段の二人分のオーブン料理や簡単なケーキやマフィンも、私は専らこのオーブントースターに活躍いただいています。なので、朝のトーストから夜のメインディッシュやデザートまで、このオーブントースター君はフル稼働の優れもの

梅雨で鬱陶しい季節ではあるけれど、気温的にも湿度的にもパン生地の発酵には程良いシーズンかもしれないので、暫く停滞していた手ごねパンも復活しようかな。フワフワ温かい生地に触れる時間も、幸せなひと時です。



梅雨入り

日本全国いよいよ梅雨入り。天気予報によると、仙台も間もなく梅雨入りです。
これから、雨と湿気でジメジメ鬱陶しい季節に突入します。何よりの不満は、お洗濯物が気持ちよく乾かないこと

お天気が鬱陶しくとも、お部屋の中は爽快にと、めげずにお部屋の模様替えです。
リビングの額縁に飾る永楽屋の手拭いは、つばめに。
DSC07846_convert_20120614193149.jpg
風になびく柳を背景に伸び伸びと飛ぶつばめ。
眺めていると、気持ちが晴れやかになります。

玄関先には、東京にいた頃に出会った張子のカエル君。
DSC07849_convert_20120614193308.jpg
ただ今、蓮の葉で楽しく雨宿り中。
愛嬌のあるカエル君でしょ

毎日の暮らしに工夫をこらして、鬱陶しい季節を爽やかに乗り切らねば


自家製野菜

思いもよらず、東京のお友達が、とっても立派な玉ねぎとジャガイモを段ボール箱一杯送ってくれました静岡のご実家のお母様が、無農薬で作られているお野菜です。
DSC07843_convert_20120614192258.jpg
DSC07851_convert_20120614192532.jpg
左が先日近所のスーパーで買った新ジャガ、右が静岡から今日やってきたジャガイモ君。
何倍あるのかほんとに立派

夜、早速、ジャガイモと好相性のウィンナーとでスープにしてみたところ、このジャガイモ君、ホクホクと甘くてとっても美味しいジャガバターでシンプルにいただいても、美味しそう。

沢山いただいたので、暫く色々なジャガイモ料理を楽しめます。さて、何を作ろうか
送って下さったお友達に、感謝、感謝です


うな貴

午後からお休みとなった相棒が、念願のうなぎ専門店うな貴に連れてくれました
うな貴のお弁当は相棒がよく持ち帰ってくれており、うな貴のうなぎの美味しさは知っていたのですが、お店には、私が仙台に引っ越して来て以来約2年間ずっと「行こうね」と言いつつ機を逃し続けており、今日初めてお邪魔しました。
DSC07841_convert_20120614192129.jpg
店内は、うなぎを焼く香りの充満する昔ながらのうなぎ屋さんの様子を想像していたのですが、意外にも小料理屋さんのように整然としていてキレイ。

うなぎの稚魚が不漁続きの今、メニューも限定されており、うな重のお値段もかなり高騰しておりました
気を取り直して、ひるまずいだいたのは、竹のお重。
DSC07836_convert_20120614191620.jpg
うなぎ一尾分の蒲焼と大きな肝の肝吸いに、お漬物
DSC07838_convert_20120614191923.jpg
やはり、うな貴のうなぎは脂がのっていて柔らかくとっても美味。タレは関西人の私にとっては少しお醤油が効いているように感じるのですが、何より、本命のうなぎは最高です。とっても贅沢なランチをいただきました

秋保にもうな貴があることが判明したので、次回はこちらにも行ってみないと。
どうかうなぎの稚魚が沢山捕れますように…うなぎ好きとしては切なる願いです




ホームベーカリーのパン

約2年前会社を退職する際に職場の皆さんから記念品としていただいたのが、私が所望したホームベーカリー。以後我が家でこのホームベーカリーは大活躍で、色々な種類のパンを手軽に焼き上げてくれています。お陰様で毎日食べる食パンはお店で買わなくなりました。

デイリーの食パンレシピも、本やインターネットのレシピを数々試した結果、自分の好きなパンとしてリピートするパンが幾つかに絞られてきています。勿論、これからも美味しいパン&変わり種パンを求めて、色々探究は続けますよ

最近朝食用によく焼くのが、バターもオイルも入れずに牛乳と粉だけでシンプルに焼くパンや、オリーブオイルと牛乳で焼くパン、プレーンヨーグルト入りレーズンパンに、甘みにはちみつをたっぷりいれたはちみつパンどれも物珍しい材料は使わず、毎日食べても飽きないお米のような存在のパンなのですが、材料によりその風味は全く異なるので面白いです。

ホームベーカリーの魅力は、パンの焼ける香ばしい香りと共に、熱々の焼き立てパンが家で楽しめるところ。私にとって、ホームベーカリーの焼き立てパンの美味しさはどんなに高級なパンにも勝るような気がするのですが、褒めすぎでしょうか

時々、相棒が、忙しくてランチ時間を取れないと思われる日に、手軽に食べられるように、これらのパンで作ったサンドイッチを持って行きます。そんな日の私のランチは、相棒に便乗してサンドイッチにしてみたり。

DSC07823_convert_20120609185910.jpg
ヨーグルト入りレーズンパンのハム・チーズ・卵・レタスサンド


トーストしたはちみつパンの卵焼き・ハム・チーズ・レタス・オーロラソースのボリュームサンド

色々な種類の食パンに、その日の気分でお好みの具材を挟んで食べるサンドイッチ。プラスαで、夕飯の残りの物のスープや、サラダ、ドリンクがあれば、立派なおうちカフェを楽しめます。主婦の日々のささやかな楽しみかなぁ



焼き肉弁当

木曜日のお弁当、今日は即席焼き肉弁当にしてみました。
牛肉があまり得意でない私は、家でも殆ど牛肉を調理せず、もっぱら鶏肉や豚肉を使うのですが、先日TVを見ていた相棒が「牛肉食べたい」と呟いていたのを思い出し、冷凍庫で眠っていた牛肉に目覚めていただくことにしました

DSC07833_convert_20120609190821.jpg
焼き肉、ゆかりご飯、関東風卵焼き、ポテトサラダ、蒸しナスのナムル、カブの塩麹浅漬け、
プチトマト

焼き肉は、お醤油をベースにお酒・ごま油・砂糖・豆板醤・ニンニクのすりおろし・ネギのみじん切り・ゴマ等々を適宜混ぜ合わせたタレに牛肉と野菜を共に漬け込み、フライパンで焼きました。たまにはピリッと辛い焼き肉も、食べたくなりますよね。

我が家のポテトサラダは、カロリー控え目にを目指して(ささやかな抵抗ですが…)、マヨネーズとヨーグルトで和えることもしばしば。マヨネーズのみで和えるものコクがあっておいしいのですが、ヨーグルトとの組み合わせもサッパリとしていて美味しいですよ


福しまのお弁当

先週に引き続き、今日も相棒がお弁当を持ち帰ってくれました

今日は、立町にある仕出し弁当のお店“福しま”のお弁当
DSC07825_convert_20120609190058.jpg
DSC07826_convert_20120609190506.jpg
DSC07827_convert_20120609190642.jpg

以前にも一度、福しまのお弁当を持ち帰ってくれたのですが、前回同様に今回も、お肉にお魚・お野菜のお煮しめ等々数々の品がビッシリと詰まった盛り沢山のお弁当です。今日のご飯は、キノコの炊き込みご飯でした。

週に1・2度のお弁当でさえ何を入れようかなぁといつも悩む身としては、こんなに沢山の品数を作り、それらをパズルのように組み合わせて詰めるのってほんとに素晴らしいと、仕出し弁当を見る度に思わずにはいられません。勿論、家庭のように1つや2つのお弁当を作るのとは訳が違うのですが。

仕出し弁当のように、ちょこちょこと色々な種類の品が一所に詰め合わされていると、見た目も豪華だし、お弁当を前に何だか幸せな気持ちになりますよね。今日も気持ちもお腹も大満足、美味しくいただきました


ほうれん草入りキーマカレー

不意にカレーが食べたくなったので、先日きょうの料理で紹介されていたほうれん草入りキーマカレーを作ってみました

DSC07821_convert_20120609185705.jpg
ほうれん草入りキーマカレー、エビとブロッコリーのエスニック炒め、ラッシー

豚挽肉と同量のほうれん草が入り(ほうれん草が足りなかったので、葉物野菜に変わりはないと野菜室でしおれかけていた青梗菜や水菜も残り物消費を兼ねて投入)、市販のカレー粉を炒って作った、スープカレー仕立てのキーマカレー。あっさり美味しかったです。明日になると、お野菜がもっとトロトロになって、更に美味しくなりそう。ご飯は、白米に発芽玄米を多めに入れて炊き上げた甲斐あって、スープカレーにも然程ふやけず、最後までご飯としてしっかり存在してくれました。

エビは、ニンニク・ショウガのみじん切りと硬めに湯がいたブロッコリーとで炒め合わせ、塩・胡椒で味付けし、最後にレモン汁を少し加えると、ちょっぴりアジアンテイストな一皿が味わえます。相棒がエビ大好きの我が家では、もう一品何か欲しい時に重宝する品です

これから暑くなる季節、食欲も減退するので、刺激のあるカレーを色々試してみようかな。カレーと一言で言っても、色々な種類があるので、使うスパイスも含めて探究するには面白いですよね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。