杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほうれん草入りキーマカレー

不意にカレーが食べたくなったので、先日きょうの料理で紹介されていたほうれん草入りキーマカレーを作ってみました

DSC07821_convert_20120609185705.jpg
ほうれん草入りキーマカレー、エビとブロッコリーのエスニック炒め、ラッシー

豚挽肉と同量のほうれん草が入り(ほうれん草が足りなかったので、葉物野菜に変わりはないと野菜室でしおれかけていた青梗菜や水菜も残り物消費を兼ねて投入)、市販のカレー粉を炒って作った、スープカレー仕立てのキーマカレー。あっさり美味しかったです。明日になると、お野菜がもっとトロトロになって、更に美味しくなりそう。ご飯は、白米に発芽玄米を多めに入れて炊き上げた甲斐あって、スープカレーにも然程ふやけず、最後までご飯としてしっかり存在してくれました。

エビは、ニンニク・ショウガのみじん切りと硬めに湯がいたブロッコリーとで炒め合わせ、塩・胡椒で味付けし、最後にレモン汁を少し加えると、ちょっぴりアジアンテイストな一皿が味わえます。相棒がエビ大好きの我が家では、もう一品何か欲しい時に重宝する品です

これから暑くなる季節、食欲も減退するので、刺激のあるカレーを色々試してみようかな。カレーと一言で言っても、色々な種類があるので、使うスパイスも含めて探究するには面白いですよね。

スポンサーサイト

たけのこ

週末プチ帰省していた京都の実家に、私達が仙台に経つ前にと、日曜日の朝、伯父が自宅の竹やぶで取れた朝掘りの筍を届けてくれました。それを母が湯がいてくれて、私は下処理の完了した筍と共に仙台に戻ってきたのでした皆さんのお心遣いに感謝です。

どうしようかなと色々考えたのですが、やはり定番でと思い、若竹煮と筍ご飯にしました。
DSC07586_convert_20120418194228.jpg
木の芽がなかったのが残念ですが。

一昨年のGWに相棒と共に伯父宅に宿泊し、筍堀り&山菜取りを体験したことを思い出しました。
旬の食材を自ら収穫しいただける幸せ、最高ですね。



おうちピザ

今日は相棒のリクエストで、おうちピザ。

ピザのお共は、食材を仕入れ行った際に見つけた貝ホタテ。関西や東京では、あまり見かけなかったような気が…目に入ってなかっただけかな…。冷蔵庫にあった水菜と小松菜と共にニンニクで炒め蒸しにしてみました。初めて使った食材なのですが、このホタテ君、小さいながらもお味はしっかりホタテです。難はと言えば、殆どが貝殻…まぁ、この点は仕方なし。

DSC07413_convert_20120317005618.jpg

我が家のおうちピザですが、ピザ生地は、心のゆとり(これ大事)と物理的な時間があれば手で捏ねるのですが、今日はホームベーカリーのピザ生地コースにそのお役目をお譲りして、45分間で一次発酵まで終わらせていただきました。この生地も十分に美味しく、ホームベーカリーは本当に有能です。
DSC07411_convert_20120316000108.jpg

一枚目の具材は、ホールトマトを潰して少しお塩を加えたトマトソースに、モッツァレラチーズのシュレッドタイプ、生シイタケ、先日の小樽物産店で入手していた厚切りベーコンを棒状に切ったものをトッピング。トッピングに使うキノコは、香りの良い生シイタケが私のお気に入りです。

二枚目は写真に残すのを忘れましたが、トマトソースに、モッツァレラチーズ、湯がいたポテトを荒く潰したもの、ベーコンをトッピング。チーズとポテトがからまりシチューのようで、こちらも美味。

アツアツをいただける焼き立てのおうちピザは、最高の贅沢です。
トッピングするソースと具材の組み合わせとで味が無限に広がるピザは、奥深く面白いですね




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。