杜のくま便り
仙台から日々の生活をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Notre Chambre Cote Midi

美味しい麺でお腹が満たされたところで、気分一新、どこか静かな空間をと探し見付けたNotre Chambre Cote Midi (ノートルシャンブル・コテミディ)へ。泉中央から離れ黄金色になりつつある田んぼを走り抜けると館(やかた)と呼ばれるエリアに入るのですが、そこに広がる住宅街の一角にあるカフェです。道が入り組んでいるので場所が分かりずらく、我々も付近を車で2・3周してしまいました。

DSC08237_convert_20120910230748.jpg  DSC08239_convert_20120910230936.jpg
一軒家の一部がカフェになっていて、カフェの奥は午後の日差しが気持ち良く差し込むサンルーム。内装や家具・使われている食器等が全てアンティーク調のもので、店内はイギリスかフランスの郊外にあるお家でくつろぐような雰囲気です。お店の一角では、フランスの紅茶や雑貨も販売されており、また、セレクトされた本・写真集・雑誌等も見ることができます

私達は、お庭の見えるサンルームの窓辺に席を取りました。小さなお庭には、テーブルとイスが2セット置かれており、気候の良い時にはこちらでもいただけるのかも。その配置が、私のイギリスのお友達のお家のものとどことなく似ていて、ふとイギリスでの滞在が思い出されます。

カボチャのジャムを挟んだクレープを二人でシェアして、相棒はマテ茶
DSC08231_convert_20120910225652.jpg
モコモコした素材のティー・コージーには、可愛いスズランかなが刺繍されています。

私はオリジナルブレンドのハブティー
DSC08234_convert_20120910230402.jpg
私のティー・コージーには、羊の刺繍が。

クレープはモチモチした食感で、自家製ジャムも甘すぎず、クレープとジャムが相まって素朴な美味しさ。相棒のマテ茶は凄くスッキリしていて、甘いデザートによく合います。

街中の喧騒を離れ、優しい光の中で、美味しいデザートとお茶をいただきながら、お気に入りの本を眺めたりゆっくりとお喋りしたい時にピッタリなステキな空間を見つけました。仙台の中心部からわずか30分足らずのドライブで、少し小旅行したようなそんなリフレッシュした気分を味わえるカフェ。

次は、どの本を見て何をいただこうかなぁ。その時が、今から楽しみです
スポンサーサイト


コメント

ここは本を読むのにも快適な空間ですね。
静かで緑が気持ちいいです。

紅茶を冷めないようにする帽子みたいな道具をティー・コージーというのか!。てっきり帽子そのものを応用して使っているのかと思いました。ちゃんと専用の道具があるとは、、。
おおいに学びました。
[2012/09/14 00:56] URL | いぬ #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://nakatomotsukako.blog.fc2.com/tb.php/120-febb6107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。